Link to Tomorrow -つながり・きずな・結びつき-

早川なおひで 栃木県議員

 
 
 
 
 

政策提言・メッセージ

 

日々の活動で思ったこと

 

12月07日 アンテナショップを調査しました

 

11月22日 各種団体との政策懇談会を開催しました

 

11月06日 政務調査会文教警察部会の調査

 

10月20日 夜景サミット開催

 

10月10日 定例議会閉会、補正予算可決

 

09月09日 インディアナ州知事ほか訪日団のレセプション

 

07月31日 JAトマト部会40周年

 

07月05日 宇都宮市におけるLRT事業の説明を受けました

 

06月08日 矢場川・姥川回収促進期成同盟会

 

05月17日 県幼稚園連合会との意見交換会

 

04月28日 戦没者慰霊祭

 

04月18日 JR デスティネーションキャンペーンの「全国宣伝販売促進会議」が開催されました。

 

03月23日 定例会議の閉会と副議長辞任

 

02月08日 食品衛生協会との懇談会に出席しました

 

01月20日 河川 ( 尾名川 ) の防災・減災対策について

 

01月01日 織姫神社の初日の出を拝む会

 
政務調査活動として、皆さまからのご意見、
ご提言をお聞かせください。
(FAX.0284-70-0284)

ごあいさつ

     

 明けましておめでとうございます。
 皆様には健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年中大変お世話になりましたこと、心から御礼申し上げます。
 さて、今年は平成30年という節目の年となります。

 栃木県では、“いちご生産量50年連続日本一”を機に1月15日を「いちご王国・栃木の日」と宣言し、本県のブランド力向上を目指し積極的なプロモーションを展開していきます。

 産業の振興も重要課題です。3月末までに、県町に造成している「あがた駅南産業団地」にて第3次の募集を実施できる見込みとなっています。県南エリアにおける企業立地は好調です。早期の分譲を進めるともに、一日も早く次の産業団地造成に取り掛かるべきだと引き続き訴えていきます。

 そして4月から6月にかけて、JRグループによる日本最大の観光キャンペーン“デスティネーションキャンペーン”がいよいよ本番を迎えます。この春の時期に栃木県が選ばれた要因として、もちろん、いちごの収穫期ということも挙げられますが、何よりも“あしかがフラワーパーク”の藤の最も美しい時期であることが決め手になったと思います。観光誘客に努め、その他数多く存在する地域資源・観光素材についても積極的にPRしてもらえるよう働きかけて参ります。

 さらに、これらの取り組みを加速し、成果を挙げていくために、関西地方における栃木県の拠点を大阪に整備する計画があります。企業誘致・観光誘客・県産品の販路拡大等、重要な役割を果たすことになります。

 その他、災害に強い県土づくりに向けた防災・減災対策、交通事故抑止や渋滞解消に向けた道路整備、犯罪抑止対策、住み慣れた地域で安心して暮らしていくための医療・福祉の推進、 そして、子ども達が健やかに成長していくための本県独自の少人数教育、学力向上、スポーツ環境の整備等、取り組まなくてはならない課題は山積しています。

◇ 本県への新しい人の流れをつくる
◇ 本県に安定した仕事をつくる
◇ 本県にて出会い・結婚・妊娠・出産・子育ての希望を叶える
◇ 本県での安心の暮らしを守る

 という大きな目標の実現に向け、精力的に活動していきたいと思っています。
 皆様のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
 
 
Copyright 2006 Naohide Hayakawa official All Rights Reserved.